きれいなキッチンにしよう

こんな裏技もあります

プロの技

まず最初に、家事のプロそして掃除のプロが実践している裏技をお話したいと思います。

キッチンには、汚れがたまりやすいとされている場所があります。
それは、食器を置いている食器棚や背の高い冷蔵庫の頭などが挙げられます。
そして、そういった場所は掃除を始めようとしても、場所が場所ですし、ものも多いのでそれを片付けるので一苦労です。
その段階で疲れ果ててしまい、結局掃除までたどり着かないなんてことも頻繁です。

そんなとき、食器棚や冷蔵庫の上のところに、シートやいらない新聞紙などを置いてみましょう。
もし汚れても、新しいものと交換すればいいので、掃除がびっくりするくらい簡単で楽になります。
そして、不要になった新聞紙ですので、お金もかからないという意味でもお得です。

最善の策は

これまでいろんな方法を話していきましたが、最も効果的な方法をお話したいと思います。

それは、普段からキッチンの周りをすっきりしておくことです。
いつもきれいに片づけていることという意味になります。

人間というものは不思議なものでして、汚れている場所だと汚したり散らかっているのが平気になりますが、きれいな場所となるとなぜか汚したくなくなってしまいます。
どういうことなのかと言うとつまり、普段からきれいなキッチンを保っておくと自然ときれいにしておこうという気になり、掃除もしたくなります。
なので、常にキッチンをきれいにしておくのを心掛けていきましょう。

別に難しいことではありません。
使ったものをあったところに戻したり、ゴミはゴミ箱に捨てるなどをしていけばいいのです。
そんな些細なことの積み重ねが、素敵なキッチンになっていくのです。


▲ TOPへ戻る