きれいなキッチンにしよう

どんな方法があるのだろうか

作業前にしよう

これは、結果論であり、たらればでもありますが、なんだかんだ言っても普段から心がけていれば、大半の汚れは防げれます。

まずは、余計なものをごちゃごちゃ置かずに、最低限のものしか置かないようにしておきましょう。
物が多ければ多いほど、それだけ汚れも増えていきます。
それと同時に、作業スペースも普段からきれいにしておくようにしましょう。
そうしておくと、きれいにしておくという習慣も自然についていきます。

また、調理の最中にもちょっとしたことが出来ます。
こまめに周囲を拭いたり、洗い物をするようにしておけば、汚れもひどくなりません。
そして、汚れものやゴミを置いておく場所を最初から決めておくと、後から片付けていくのが、断然楽です。

全て準備しておく

そして、料理をしていくうえで、このことも以外にも大切なのです。

それは、最初から材料や食器などを準備しておくということです。
料理を始めてから、あれこれ探したりするのは効率も良くないですし、余計に周りも散らかってしまいます。
ですが、全ての準備をしておくと、そんなことをする必要はなくなり、何もかもがスムーズに進んでいきます。
まさに、「最初が肝心」です。

いざ料理をしているときは、とにかくあせらずに落ち着いて作業を進めていきましょう。
あれもしないとこれもしないとなどと慌てたり、ドタバタした状況の中で料理を進めると、それだけで周りが汚れていってしまいます。
なので、常に平常心を保って行動するようにしていきましょう。


▲ TOPへ戻る